携帯ゲームってワンパターンすぎない?

モバゲーやグリーの携帯ゲームやスマートフォンのゲームって、気軽にできる点は素晴らしいと思うのだけど、何で、全部同じパターンになっちゃうのかな??
みんな、あれで本当に楽しんで遊べているわけ?

例えば、怪盗ロワイヤル自体はそれで良かったと思う。
だけど、他のゲームも、おんなじシステムだよね。
攻撃、防御があって、たまに武器が壊れたり、人員が回復するために時間がかかったり。とかね。
それで回復を早めるためには、アイテム課金なんかがあるんだよね。

あとは、キャプテン翼とかクローズとか、漫画のタイトルを絡めたゲームも続々登場しています。
マキバオーやエヴァンゲリオン、はじめの一歩なんかもあったなぁ。
だけど、外のタイトルだけ違っていて、中はほとんど同じシステムなんだよねぇ。

一個目の携帯ゲームは楽しかったけど、2個目以降は、タイトルが何だろうと退屈なんだよね。
今はカジュアルなモバイルゲームが主流になってきているけど、こんなんじゃ、またスクエニとか任天堂の時代が来るんじゃないのかな。
もしくは、共倒れになって、第三の娯楽が登場すると思う。

■ドコモもソーシャルゲームに参入!
アイフォンの販売権が握れず、ソフトバンクとエーユーに押されぎみのドコモさん。
あるのは、これまで稼いだ契約数だけの会社ですが、どうやら遅ればせながらソーシャルゲームに参入するようです。

ハッキリいってあんまり期待していませんが、会員数が多いので、そこそこの数字は出ると思います。
ですが、しょせんは人まねの一つで、さらにどれだけアクションが遅いんだ。
という感じです。
一生チンタラやっていてくれると、こちらは本当に助かります。

しかし、スマホ=ソーシャルゲームっていうのは、何だか悲しい展開ですよね。
本当は、もっと社会を便利にする為に登場してきたはずなのに、何だかチープな展開になってきてしまいました。
しまいにはゲームは教育にも有効活用できるはず。
とか、枝葉末節の意見ばかり出てくる始末。

そろそろスマホもピークを向かえそうですね。
[PR]

by dktamanegi | 2011-09-07 01:28 | ゲームログ